事故の回数や車の状態によっては査定前に担当者に相談をしよう

中古車の買取価格は、各店舗の方針や車種のニーズ、店頭在庫の状況に大きく左右されますが、その他にも事故歴や修復歴がある場合には価格が大きく変化することがあるため注意が必要です。特に、状態が良い中古車の販売をメインに行っている店舗においては、人気車種であっても事故の回数や車の状態によって、査定額がダウンしてしまうことがあります。そこで、少しでも査定額にこだわって車の売却先を決めたい場合には、店頭で査定を依頼する前にメールや電話でいくつかの店舗の担当者に相談をすると良いでしょう。また、事故歴や修復歴があっても新車同様の状態で購入からあまり年月が経過していない車については、査定にほとんど影響がないケースもあるため、妥協せずに店舗探しをすることが大切です。

査定の前に修理やクリーニングが必要かどうか確認しよう

過去に事故を起こした車を中古車買取店に売却したい時には、査定でできるだけ不利に扱われないように、査定の前に修理やクリーニングが必要かどうか確認を取るのも良いでしょう。最近では、大手の中古車買取店をはじめとして、修理やクリーニングが必要な事例について、公式サイトやブログなど様々なツールを使って顧客側に紹介しているところが増えています。また、店舗によってはすぐに店頭を訪れることができない顧客のために、無料の問い合わせ窓口を設けて、事故歴や修復歴に関する相談を受け付けているところもあります。なお、ディーラーで車を購入した人は、事故歴や修復歴がある車を認定中古車として買取してもらえるかどうか調べておくことが重要です。