交渉する前に数社で査定を受けておく

中古車を高く売るためには交渉術がポイントになります。そもそも中古車には定価がなく、買取業者側の裁量で決定しています。相場より安くするのも高くするのも、買取業者の判断ひとつというわけです。それゆえ売り手側の対応によって、金額が変わるケースは多々あります。交渉が得意な人と苦手な人とでは、金額に大きな差が生じてくるわけです。

交渉が苦手だという人は、数社に見積もりを取ってみるのがおすすめです。インターネットでは愛車の相場を調べられますが、正確な数値を判断するのは難しいでしょう。売却する時期、地域などにより差があるからです。また買取業者によって強化車種が異なるので、大手だから高値で買い取りしてくれるとは限りません。だからこそ数社で査定を受けて、愛車の価値を把握する必要があるのです。

交渉力がなくても高値で売ることは可能

交渉が苦手だと高く売れないと考えている人が多いですが、決してそんなことはありません。数社で査定を受けておき、そのうえで売却先を絞っていけばOKです。本査定の場で当初の金額よりも安値を提示された場合は、他社への売却をにおわせるのです。そうすれば増額をしてくれるケースが多々あります。ちょっとした交渉術により、提示額が5万円以上変わることはよくあります。

買取業者側は売り手が相場を把握しているかどうかを精査するのです。もし相場を知らないと判断すれば、安値を出してくる可能性があります。ここで数社で査定を受けている事実を知れば、安易に安値の提示はできません。実際に査定依頼をする会社は、3~5社くらいが好ましいです。それにより愛車の旬の価値を把握できるでしょう。