なぜ年式が買い取りに影響!?

中古車の買い取りは、年式と走行距離が主に重要視されます。特に買い取りで人気とされている年式は3年落ちか5年落ちの中古車とされています。そこには理由が隠されており、車検は通常は2年に一度行うが、新車の場合は3年に一度行われるため、車検にも費用がかかってしまうのでこのタイミングで手放す人が多く出てくるため、中古車販売店からとても人気となり、高く買い取りされるケースが多いです。 また、5年落ちには、車検とローンが重なるタイミングでもあるので手放すケースが多いです。そのため、購入から3年、5年の節目が大きく買い取り価格が下がっている傾向にあります。買い取りする側もできるだけ状態が良く、年式が新しい物が欲しいはずなので、買取りには年式が大きく影響します。時間が経てばどんどん年式も落ちていくので、売却するなら早めがおすすめです。

売却するなら年式が変わるタイミングに注意!?

年式が変わるタイミングとして、3月や5月ではなく、1月1日に年式が変るようになっています。売却には年式が大きく影響してくるので、売却のタイミングにもポイントがあります。年数が経てば買取り価格も落ちていくため、年末の査定には注意が必要です。年をまたぐと一気に落ちていくので、12月ギリギリに査定を出すと「年式が1年落ちる車」と考えられる可能性があるので、11月までに査定を出すことで年内に売却することができます。1日の遅れが1年の違いを生み出してしまいます。年末はお正月、クリスマスとイベントが様々あるため、車の購入者も少ない傾向にあるので、少しでも高く売りたい場合は、「3月、9月の決算期」がおすすめです。